多くの芸能事務所では、毎年新たな人材を発掘するためにオーディションを開催しています。
所属している芸能人によって、求められる人材は事務所ごとに異なりますが、芸能人入りを目指す方の多くは、オーディションに応募しても、書類選考の時点で落とされることが殆どといいます。そうした方の多くは、やる気が見えないと判断されているといいますが、やる気を見せるためにはどんなことに挑戦するべきなのでしょうか。

過去にオーディションに落とされた方の多くは、やる気が感じられないと判断されているといいます。もちろんやる気はあるという方が殆どだと思いますが、そのやる気の根拠を見せることが出来ず、なんとなく言葉だけでやる気をアピールしようとすると、あっという間に魅力が無いと判断されてしまいます。
そうならないためにも、自分が芸能界入りしようと決めたきっかけや、芸能界入りのために努力してきたことなど、自分の発言に説得力を持つために重ねた努力をしっかり伝えましょう。

芸能事務所のオーディションは競争率が高く、書類選考に落とされる方も多いので、少しでも倍率を上げるためにも、履歴書の作成には特に力を入れましょう。特に自己PR関連は短い中でも、しっかり伝えたい文章を考えて、より自分のことを魅力的に見せられるような文章を考えてください。