Archives

魅力が無い様

芸能人になるためには、自分から積極的に行動するしかありません。そのための方法は色々有りますが、特に芸能事務所に入る場合は、厳しいオーディションを勝ち抜く必要があり、そのための努力も重ねていく引かなければなりません。
オーディションに不合格を重ねているという方は、何かしらの原因があることは間違いないので、少しでも良い結果を残せるように、色々な対策を考えてみましょう。

オーディションに何度も落ちているという方は、必ず何かの理由があるかと思いますが、その一つに、魅力が欠けている可能性が考えられます。魅力が無いとはっきり決め付けてしまうの考え物ですが、仮に美男美女であったとしても、事務所のカラーから外れていると、余り魅力を感じることが出来なくなるといいます。
そうした事態を防ぐためにも、オーディションを受ける際は、自分が求められそうな事務所を前もって探しておきましょう。

自分の魅力を相手に伝えられるかどうかは、自分の能力などに関する具体的な一例を伝えることが重要です。
例えば楽器演奏が得意なら、何かのコンクールで優勝したなどの実績が必要となりますし、オーディションを受けた事務所に入りたい理由についても話し合い、納得行く理由を考えておくことで、話に信憑性が増し、印象に残ってもらえることもあるかもしれません。

やる気が見えない

多くの芸能事務所では、毎年新たな人材を発掘するためにオーディションを開催しています。
所属している芸能人によって、求められる人材は事務所ごとに異なりますが、芸能人入りを目指す方の多くは、オーディションに応募しても、書類選考の時点で落とされることが殆どといいます。そうした方の多くは、やる気が見えないと判断されているといいますが、やる気を見せるためにはどんなことに挑戦するべきなのでしょうか。

過去にオーディションに落とされた方の多くは、やる気が感じられないと判断されているといいます。もちろんやる気はあるという方が殆どだと思いますが、そのやる気の根拠を見せることが出来ず、なんとなく言葉だけでやる気をアピールしようとすると、あっという間に魅力が無いと判断されてしまいます。
そうならないためにも、自分が芸能界入りしようと決めたきっかけや、芸能界入りのために努力してきたことなど、自分の発言に説得力を持つために重ねた努力をしっかり伝えましょう。

芸能事務所のオーディションは競争率が高く、書類選考に落とされる方も多いので、少しでも倍率を上げるためにも、履歴書の作成には特に力を入れましょう。特に自己PR関連は短い中でも、しっかり伝えたい文章を考えて、より自分のことを魅力的に見せられるような文章を考えてください。